管理会社選びでマンション投資が決まる

マンション投資は気をつけるべきポイントがたくさん

マンション投資は物件選びから業者選びまで気をつけるべき点がたくさんありますが、すべてを考慮しながら物件を選べばより高い収益に繋がることでしょう。

マンション管理業者を選ぶポイントランキング

no.1

物件の専門性

1位は物件の専門性です。管理業者にはそれぞれ得意な分野があります。自分が所有しようとしている物件と同じような物件の管理実績が豊富な業者に依頼したいと考えているオーナーが多数です。

no.2

担当社員の責任感

2位は担当社員の責任感です。実際に物件の管理などに関して相談する時に、どれだけ親身になってくれるのかが重要なポイントと考えている人が多いようです。

no.3

募集力

3位は募集力です。借り手をどれだけ集められるかということは収益という面からも非常に大事です。募集に力を入れているかそうでないかが問われています。

no.4

地域密着性

4位はその業者の地域密着度です。自分の購入する物件近隣の情報に詳しいかどうかということはマンション投資をする側からすると非常に大事なポイントになります。

no.5

経営状態

5位は経営状態です。管理業者の自体の経営状態が悪ければアパートの管理を任せることは難しいでしょう。不動産管理業者の経営状態まで調べてから依頼するオーナーは多いです。

管理会社に依頼するメリット

マンション模型
自己管理は難しい 物件を購入した場合、自己管理か管理会社に依頼するかということになりますが、通常マンション投資で物件を購入する場合は管理会社に依頼することが多いです。初心者がいきなり自己管理というのは非常に難しいので、専門業者に依頼した方があとあと楽といえます。
借り手を見つけやすい 管理業者が借り手まで見つけてくれるので、空き室になるリスクを回避できます。マンション投資で一番大事なのは空き部屋をなるべく少なくするということです。
クレームを直接対応しなくてすむ 管理業者にアパートの管理を依頼している場合、マンションに住んでいるお客さんのクレームを直接受けなくていいので業務もスムーズに進められやすいでしょう。住民のトラブルも管理業者が間に入って立ち回りしてくれます。
マンションの状態の把握が容易 管理業者に依頼した場合、定期的な点検によりマンションの現在の状況がつかみやすいので、早めのメンテナンスが可能です。自己管理ではこの点検が上手くできず、あとあと修繕に莫大な費用がかかってしまうことがあります。
管理業者は経営のパートナー マンションの管理業者はマンション投資の経営のパートナーです。自分の物件の悩みに対して真摯に対応してくれる業者を選ぶことが出来れば、マンション投資成功の確立も格段に上がるでしょう。